• Mari

EyeCard

今日のブログは販売が始まったEyeCard - Animalsについてです!!



EyeCard - Animalsでは52種類の動物たちを楽しみながら学べます

実はこのゲームキーラン先生が中心となって作ったものなんです

アルファではカードを使って遊んできましたがそこでの経験を活かしこのEyeCardを開発しました


レッスンをしていくうちに「こんなことをできるようにしたらもっとこどもたちが英語を楽しめるのにな」という思いが芽生え「理想のゲーム」をつくろうと決意しました

なので英語が楽しく学べる工夫がたくさんあります


EyeCardはアプリを使用しながら実際にカードを手で動かして遊びます


アプリでカード遊びって最強なんです


どちらも子どもたちが好きなものなのにアプリでリスニング向上、現実では行うのが難しいような遊びもできてカードで楽しんで遊べる……最強です


実際にアルファの生徒さんたちにも大人気です


ゲームも5種類あって難易度もさまざまなのでどのレベルのひとも楽しみながら遊べます


また、どのゲームも一人でも複数人でもあそべるのも魅力のひとつです


ちなみに動画ではScrambleというゲームをプレイしています  


バラバラにおかれているアルファベットを頭のなかでつなげて動物をあてます


意外に難しくて結構楽しいです


他のゲームも面白いのでぜひ買ってトライしてみてください



あと絵もものすごくかわいいです

 

レッスンで使うとよく「○○さんかわいい~♡」と声が聞こえてきます






まだまだ魅力はたくさんあるのでホームページもよかったらのぞいてみてください

(https://www.eyecard.app/ja)


ホームページからでもアルファの教室からでも購入できます


よろしくお願いします^^





3 views0 comments

Recent Posts

See All

タイトルに自信がないのは、お許し下さい笑。 最近、これをよく感じるのです。 日本の生徒はプレッシャーの中で学んでいるのでは?と思っております。 (逆を返すと、日本人の先生や日本人の感覚がプレッシャーを作り出している) 楽しむ事が真の学びってよく言いますが、それって出来ているのかな。 いつでも周りとの競争が念頭にあり、自分が上位を取ることに重きを置いている。 上位の生徒の方が、出来る生徒の方が、良い

今年もたくさんの生徒さんと英語に触れることが出来て、素晴らしい1年となりました。 TOEICを伸ばさないと!と、コロナ禍でレッスンに来れなかった社会人の生徒さんも戻って来てくれたり、1歳児クラスのレッスンも開講もスタートしました! Alphaという文字通り、「はじめての」英語をアルファで学ぶ。 幼児クラスのお友達もアルファベットや英語フレーズを歌やアクティビティを通してしっかりと身につけています。