top of page

思い出の味と音楽が私の元気の源!!オーストラリア編

なんて久々の更新...


しかも、謎のタイトル!


そうです。


最近、お風邪さんも多い、インフルも多い、寒い日もあって、なんか急に暑くなったり。


みんな、気づかないうちに、体が疲れていると思うんです。


私も、元気は元気なのですが、なんとなく気疲れ?疲れが溜まっている?感じがするのです。


そんな時は、私はコレを聞いて、コレを食べると元気になるんです!


なんか、こういうテレビ番組あったような、、、スタミナ飯みたいな。


私は、ノラジョーンズを聞いて、パクチーを食べると元気になるんですww


なんだ、どんな組み合わせだよ、それっwって思いますよね。


これは、私が18歳の時、はじめてオーストラリアへひとりで留学した時に、ホストファミリーが私が寂しいと思い、ノラジョーンズのCDを貸してくれたのがきっかけなのです。


確かに寂しかったので、ノラジョーンズの音楽が癒しで嬉しくて。


そして、もうひとつ、私が"はじめて"を体験したのが、パクチー!


オーストラリアでは、コリアンダーと呼びます。


カレーだったかな?ホストファーザーがカレーにたっぷり入れてくれたパクチーの味が衝撃且つ、美味しくて!!大好きな味になったのです。


たった3週間の留学でしたが、私にとって、刺激満載の時間で、今でも忘れられない感覚を与えてくれました。


元気がない時は、あの時の感覚をパクチーの味と、ノラジョーンズの音楽で呼び起こすと、体の奥底から元気がたくさん湧き出てきます。


みなさんは、そんな味や、音楽などはありますか?


私の姉は、台湾留学の経験があるので、大須などに売っている、炎旨大鶏排(エンシダージーパイ)という唐揚げがなつかし〜〜♡となるみたいです。顔より大きい唐揚げですかね。


特に、台湾は、香辛料とかもふんだんに使っているから、香りなどで思い出すんだろうな〜


ちなみに、私が好きなパクチーの食べ方は、ブリトーにたくさん入れる方法です。

(ブリトーはメキシコ料理です)


お写真、後ほどアップします♡


海外の方にとっては、日本食が衝撃で大好き!という方もいらっしゃるでしょうね。


やはり、素材の味を生かした、繊細な味の日本食は私も大好きです。


スクールの生徒さんも、世界の美味しい料理をたくさん食べる機会があるといいです。


それぞれの国の良さ、文化の違い、味や音楽の特徴があって楽しいですね。


季節の変わり目の気温差に負けないように、好きなことを感じながら、乗り越えたいものです。

5 views0 comments

Recent Posts

See All

こんにちは Nanamiです 英語ではもちろん、現代文でも古文でも言語というものを学ぶときには文法は付き物ですよね。 文法って嫌われがちで「なんで必要なの?」とか「文法なんてわかんなくても話せるし!」って思ってる人が大半なのかなと感じています。 でも、私は文法好きです!! 理由はおもしろいからです! 理由がこんなのなので正直私も文法をなんでこんなに学ばないといけないのかのも分かりません。 ですが、

こんばんは!! またまた、お久しぶりの投稿となってしまいました。 先日、高校3年生最後のレッスンとなった生徒さんのお話をしたいと思います。 彼女は、中学生の時に、はじめてAlphaへ来てくれました。 英語=教科として捉え、とにかくまず定期テストの点数を取らなければ、、、 という気持ちが最初は大きかったと思います。 ご存じの通り、中学校の英語の定期テストは意地の悪い問題ばかり。 宿題のワークやプリン

bottom of page